シリーズ「薬草の話」

~ 薬草のふるさと・宇陀松山で語る ~

第2回 早春の薬草について


この歴史ある宇陀松山で、薬草と漢方について勉強しませんか?
今回は実際に森野旧薬園で、原野先生、小林先生と共に薬草「セリバオウレン」の花や「オウバク」(キハダ)などを観察します。
カタクリなどの早春の花々も鑑賞しましょう。
その後、奈の音に移動し、「オウレン」「オウバク」「オウゴン」「サンシシ」などの薬草の話をしてだきます。
みなさんのご参加をお待ちしています!

■2020年3月28日(土)

12:45 集合(森野旧薬園前)
13:00 森野旧薬園で薬草観察
   講師 原野悦良
15:00 ゲストハウス「奈の音」へ移動
   葛湯を味わう
15:30 講演会 早春の薬草のお話
   講師 小林 佐都子
16:30 終了

■講師紹介

原野 悦良
森野旧薬草園の薬草の管理を担う。
薬草に合う土、植え替える時期等その薬草の知識については、大学の植物学の先生も一目置く。

小林 佐都子
大阪大学薬学部卒業
故 薬学博士 渡邉武先生に師事。
以来、日中医薬研究会会員

■参加費:税込500円(葛湯付き) ★要予約★
※ 森野旧薬園の入場料が別途300円必要です。
※ 森野旧薬園は山道を登りますので歩きやすいスニーカーなどをご用意ください。
※ 雨天の場合は、13:30から奈の音で講演会のみとします。

■主催・場所・お問い合わせ・申し込み先
ゲストハウス「奈の音」
〒633-2115 奈良県宇陀市大宇陀西山91
Tel:050-7117-7558の入場料
URL:https://nanone.net
E-mail:gh@nanone.net(半角にしてくださいね)


シリーズ「薬草の話」第2回 早春の薬草について
クリックすれば、拡大します。